忍者ブログ

リハーサル&ビリティ

リハビリ失敗

めちゃイケ リニューアル後の面白かった企画をあげる



今月31日をもって、遂にめちゃイケが終了する。
めちゃイケといえばバラエティ番組の代名詞として不動の地位を築いた番組だったが、最近ではフジテレビの低迷もあいまって酷評される事が多くなった。
特に新メンバーを追加したリニューアル後から面白くなくなったという意見もよく見かけた。

たしかに近年のめちゃイケのパワーダウン感は否めない。
しかし、リニューアル後のめちゃイケにも面白いと思った企画はあった。
最終回まで1週間を切った今、その思い出をまとめてみたい。

1.岡村オファーシリーズ(オカザイル第2弾/三浦大知ライブ)
番組の人気企画は回を重ねるごとにマンネリ、前より劣っているといわれがちだが、この岡村オファーシリーズは変わらない面白さを提供してくれた。
特に岡村の得意分野:ダンスを扱った回は別格で、現場復帰後の体が鈍った状態から見事に仕上げたオカザイル第2弾と47歳という年齢を感じさせない素晴らしいダンスを見せてくれた三浦大知ライブは感動と興奮を与えてくれた。
この企画は岡村隆史の人並み外れた鍛錬なしでは成り立たない。
天才とは努力する才能を持つ者ということを聞いた事があるが岡村はまさしくその存在だ。

2.中居&ナイナイの日本一周 FINAL 72時間ホンネの旅
中居&ナイナイの日本一周もリニューアル後変わらない面白さを提供してくれた企画だったが、その中でも特に今年の回を推したい。
何につけても予算が無いといわれる時代に大金をかけて昔と変わらない馬鹿馬鹿しい企画をやってくれたことも素晴らしいが、キー局ではタブー視されがちのSMAP解散,そして新しい地図の事を存分にネタにしてくれた事には胸がすくような思いを得れた。
自分的には申し分ないSPだったが他局の裏番組に押されて低視聴率に終わってしまった。
けれどもそれもすぐさまネタにして「低王」と自虐パロディにしてたのも最高にめちゃイケらしくて良かった。

3.ドキッ!次世代イケメンだらけの大運動会
あまり地上波で見かけない男性アイドルとめちゃイケメンバーや江頭他の芸人たちとの絡みが新鮮で面白かった回。
特にKYキャラがつきつつあったジャルジャル福徳のキャラが出ていた回でもあった。
また、この回はVTR内のロゴの終始モザイクがかかっており、解析の結果元のタイトルは「ドキッ!ジャニーズ以外だらけの大運動会」だった事が判明した。
男性アイドル枠がほとんどジャニーズ独占である状況を揶揄した企画だったが、この処理によって逆に説得力が出た気がしないでもない。
あと、この回のミニコーナーで放送されていた大池都知事(オアシズ大久保による小池都知事のパロディ)も面白かったがこの回を含め2,3回しか見た記憶が無い。
こちらの方も怒られてしまったのだろうか。

4.AKB48どっきり解散総選挙
AKB48の当時総監督を務めていた高橋みなみに恋愛スキャンダルが発覚と言うドッキリをグループ全体に仕掛けた企画。
架空の番組や記者会見を用意したりとの大規模な仕掛けもさることながら、アイドルグループがメンバーのスキャンダルに対してどのような反応を起こすのかというのが観れたのが大変興味深かった。
戸惑う者、怒り出す者、悲しむ者色んな反応が見れた後に恋愛相手が岡村と言う事が分かるとほぼ全員が笑ってしまうという展開が面白かった。
この回はSPでタイトルはめちゃ2イケてるッ! 衆議院より一足お先に解散総選挙スペシャルだったが、衆議院が解散したのは2014年11月21日でこのSPが放送されたのは2014年12月6日である。(番組テロップによると収録は11月12日から開始)
めちゃイケ製作陣の時事ネタの早さにも驚かされた回だった。

5.はじめてのおつかれ
リニューアル後特に槍玉に上がる事が多かったのが新メンバーとして加入した三中の存在であった。
番組側ももてあましているのが観てる方からも分かるような状態だったが、彼にも面白い企画が無かったわけではない。
それがこのはじめてのおつかれシリーズだ。
要は長い期間ドッキリにかけてその反応を見るというよくある企画なのだが、対象が芸人ではなく素人だった彼だったので過剰な反応ではなく素の反応が観れたのが良かった。
恐らく3回ほど放送されて終わったと思うが、この企画が観れただけでも彼の加入は無駄じゃなかったはずだ。

6.ナインティナイン20周年に20のやりたいことスペシャル
ナインティナインの20周年を記念して行われた企画。
番組のロケをほぼナイナイの2人だけで行っており、いつもは観る事があまりない2人のやり取りが見れた貴重な回であった。
特に浅草キッド,ビートたけし,ナインティナインの絡みはこれから先見る事が出来ないかもしれない。

7.夏休み宿題スペシャル ゴクラク少年愚連隊
近年のめちゃイケの功績の一つに極楽とんぼを復活させた事をあげたい。
この回があったおかげで山本が吉本に復帰でき、極楽とんぼが復活する事が出来た。
そして笑いよりも真面目に謝罪する流れにした事も評価したい。
罪を償う事,また一からやり直す事の難しさを真摯に写し撮った名回だ。
やはり放送直後賛否が分かれてこれがきっかけでスポンサーが一社下りたという報道もあった。
その批判を予想しながらも放送に踏み切ったスタッフには感謝したい。

8.岡村隆史134日ぶり奇跡の生還
2010年に岡村が復帰した伝説の回。
チリの鉱山事故に扮して地上に出てきた岡村の姿は最高にカッコよかった。
パロディ部分も冒頭部分のフリだけではなくしっかり再現した事により、体調不良からの復帰というデリケートでもある問題を一企画のイベントとして変換して魅せたのは見事でした。
それと旧来メンバーが戸惑いながらもいつもと変わらない形で接していたのも良かった。
これでいつものめちゃイケが戻ってきたし、20周年,30周年と続いていくと思っていたのだが…


以上が自分の中に特に心に残っているリニューアル後のめちゃイケの思い出だ。
これ以外にも面白い企画はもちろんあった。上げていけばキリが無い。
ちょっと心が離れていた時期もあったが、今年の4月から番組が無いと思うと喪失感が半端ではない。
最終回がどのような形になるのかが今だ想像できないが、最後までめちゃイケらしく駆け抜けて欲しい。
そしていつか復活することを期待してこれからもテレビを見続けていたい。
PR

コメント

プロフィール

HN:
下等生物7号
Webサイト:
性別:
非公開
自己紹介:
色々ゴチャゴチャとやってます。
ツイッター:(@kato7go)

カテゴリー

P R